Microsoft Inspire では、Teams 用の新しいデータプラットフォーム「Microsoft Dataflex」を発表し、それに合わせて Common Data Service に関しても Microsoft Dataflex Pro へ名前が変わることが発表されました

Microsoft Dataflex for Teams は、Teams のためのローコードなデータプラットフォームとして組み込まれ、Microsoft Power Apps と Microsoft Power Virtual Agents を用いてだれでも簡単にアプリやインテリジェントなチャットボットを作成・展開したりすることが可能となります。

この投稿では更にMicrosoft Dataflex に関する詳細についてご紹介し、Dataflex と Dataflex Pro の違いについて解説します。主にデータの取り扱いやアプリケーションの作成、ソリューション開発、環境や連携、セキュリティに関する部分について触れていきます。

データ

Dataflex はリレーショナルデータ(親子関係などの構造化データ)に対応し、データを検索、フィルター、並び替えなどができます。また、文字列や数値などの主なデータタイプに対応しつつ、画像やファイルにも対応します。Dataflex はDataflex Pro の恩恵を受け、通貨やロールアップ計算、計算項目も搭載します。

Dataflex により、新しい編集可能なグリッド(エディタブルグリッド)によって、素早くテーブル/表を作成し、データもExcelのように入力することが可能です。Common Data Model(CDM)としては、既定でユーザーテーブルが搭載されており、今後様々なテーブルが追加される予定となっております。

Dataflex Pro は上記の Dataflex に加え、ログなどの非構造化データへも対応し、データレイクの管理や、関連性検索、モバイルでの利用用途におけるオフライン対応も可能です。さらに、高度なデータタイプや、豊富なCommon Data Model へも対応しています。

アクティビティやタイムライン機能はDataflex Pro のみに搭載されており、 Dataflex ではすでにTeams 上に似たような機能が含まれているため、搭載されていません。.

この投稿(2020年7月30日現在)、AI Builder はDataflex では対応していません。これらの機能を利用する場合には Dataflex Pro へのアップグレードが必要となります。

データ関連の比較表 Dataflex Dataflex Pro
構造化データ
添付ファイル・画像への対応
検索、フィルター、並び替え
主なデータタイプ
Common Data Model 近日公開
モバイルオフライン対応
関連性検索

アプリ作成とソリューション開発

Teams では自分で資料を作成したり、同僚と一緒にコラボレーションしたり、他の信頼できる場所から情報を得たりと人々は様々な方法でコラボレーションを行います。

Power Platform と Dataflex の組み合わせにより、アプリやチャットボット、自動化フローやデータでも、同じような体験が得られるようになります。Microsoft Teams 内で作成するためのローコード/ノーコードのアプリケーションのためのソリューションがDataflex には含まれています。

作成したアプリケーションやソリューションを自分自身で作るだけでなく、ギャラリーから信頼できる発行元からソリューションやテンプレートを見つけることができ、簡単にインストールし、組織のためにカスタマイズすることも可能です。将来的にはDataflex から従来の方法のソリューションのインポート・エクスポートも可能となる予定です。

データの可視化は様々なソリューションで重要な役目を果たします。そのため Dataflex でもチャートやグラフでの対応が可能となり、Dataflex Pro では更にページ型のレポートにも対応します。

Dataflex ではPower Automate を用いてワークフローを作成することが前提となり、Dataflex Pro のように業務ルールやクラシックワークフロー機能は搭載されていません。

Dataflex はローコード・ノーコードな開発を主な目的としているため、開発者向けのAPIアクセスや、プラグインに関しては対応しておらず、Dataflex Pro が必要となります。

モデル駆動型アプリへの対応は、現在 Dataflex Pro でのみご利用いただけますが、Dataflex にも年内に対応する予定です。

Teams での利用に加え、Dataflex Pro ネイティブにExcel からもアクセスでき、Microsoft Outlookと同期したり、モバイル・ウェブ・デスクトップで実行できる、パワフルなアプリケーションが作成できます。

アプリケーション作成とソリューション開発 Dataflex Dataflex Pro
 データの可視化
 ページ型レポート (SSRS)
開発者向けの機能
 API アクセス
 プラグイン

環境

Dataflex や Dataflex Pro のデータは「環境」に保存される仕組みになっています。 Dataflex ではMicrosoft Teams 上のチーム1つに対し、1つの Dataflex 環境が作成され、その環境上で業務データやアプリ、チャットボット、ワークフローが作れるようになります。各環境ではバックアップがサポートされ、任意で復旧させることが可能で、可用性も担保されます。Dataflex に格納されるのは業務データと画像、添付ファイルが含まれます。1環境では2GBの容量が含まれており*1、およそ100万行まで格納することができます。

管理をしやすくするため、Dataflex の環境は作成された Microsoft Teams のチームと関連付けられます。チームを作成した場合は、その Dataflex 環境も削除されます。

Microsoft Teams 用の Dataflex はチームに特化した環境構成なのに比べ、 Dataflex Pro では環境は無制限に作成でき、複数環境が構築できるため、環境のコピーやリセットも可能です。

環境のライフサイクル Dataflex Dataflex Pro
環境の最大サイズ チームごとに1つの環境 無制限
100万行または
2GBまで
4TB以上*2
Dataflex Pro/Dynamics 365へのアップグレード

注意1)Dataflex の容量と Dataflex Pro の容量は干渉しないため、別々の容量管理となります。
注意2)Dataflex Pro の技術的な容量を意味しており、実際にはライセンスにあわせて容量の制限があります。

セキュリティ

Microsoft Teams上でのコラボレーションは組織内に限らず外部とも発生するため、このような利用用途でも対応可能なシンプルなセキュリティモデルが採用されています。Dataflex は、Microsoft Teams 上で設定された役割(所有者、メンバー、ゲスト)に合わせて、同じようにセキュリティロールが初期状態では設定されます。

Dataflex でも Dataflex Pro でもアクティビティのログ(誰がレコードを作成したか等)を取得することができますが、Dataflex Pro では更に高度な監査機能も搭載されています。.

Dataflex Pro は特定の Teams 環境に紐付いているわけではないため、より多くのセキュリティ設定が可能となっています。また、フィールドレベル(項目レベル)セキュリティの設定や、組織階層型セキュリティ、レガシー認証へのサポートやデータベースの暗号化キーも独自のモノを設定できます。

例)承認ワークフローをDataflex上で作成した場合、「回覧」を行うために該当の申請のみのレコードを共有したりしたい時にはレコードの共有が必要となるため、Dataflex Proが必要となります。

セキュリティ Dataflex Dataflex Pro
管理者ロール System Admin & System Customizer
ユーザーロール チーム管理者、メンバーとゲスト
アクティビティログ
部署 1つのみ
監査
独自管理の暗号化キー
フィールドレベルセキュリティ
階層型セキュリティ
レコードの共有

他システムとの連携

業務アプリケーションはSaaSサービスや社内システム/データとの連携が必要だったりします。Dataflex と Dataflex Pro のどちらにもパワフルな連携機能が備わっています。

Dataflex では、連携の方法は主にコネクタを用いた方法となります。スタンダードコネクタに加え、Dataflex コネクタ (旧Common Data Service Native コネクタ)を利用して、Dataflex へアクセスが可能です。プレミアムライセンス(Power Apps 単体ライセンス)をお持ちの場合は更に350種類以上ものプレミアムコネクタも利用可能となります。これにより、Dataflex からのテーブルのデータを外部と連携したり、逆に取り込んだりすることもできるようになります。

Dataflex Pro でもコネクタが利用可能ですが、更に搭載された様々な連携手法があり、データレイクへのエクスポートや、Event Hub、Service BusやWebhooks を用いた連携も可能です。また、SQL Server のように扱える、TDSサポートも選べます。

Dataflex Pro からはサーバーサイド同期を用いてExchange サーバやPOP3サーバとのメール連携にも対応し、データエクスポートサービスを利用して、Microsoft Azure SQL のデータベースに同期させることもできます。

連携 Dataflex for Teams Dataflex Pro
Power Automate スタンダードコネクタ+Dataflexのみ すべてのコネクタ
データレイクへのエクスポート
データエクスポートサービス
Event Hub 連携
Service Bus 連携
Webhooks
サーバサイド同期
SQL Server Management Studio 対応

前段でも触れた通り、Dataflex はローコード・ノーコードに特化しているため、APIアクセスは不可となっています。API連携が必要な場合は、Dataflex Proが必要となります。

まとめ

この投稿では、Microsoft Teams の為のDataflexに関する情報をご紹介し、Dataflex Proとの違いについても触れました。

Microsoft Dataflex は Microsoft Teams ライセンスの一部として含まれ、1つのDataflex に対して100万行まで対応し、Teams 内でのローコード・ノーコードなアプリケーション作成が可能となります。必要な場合はDataflex Proへのアップグレードが簡単に行えるため、様々なソリューションを躊躇せず作成することができます。

それでは是非素晴らしいソリューションを Dataflex と Dataflex Pro を用いて作成ください!