Power Automate Desktop の2021年6月度のアップデート(バージョン2.10.36.21161)がリリースされました。最新バージョンはこちらからダウンロードできます。 この投稿ではアップデート内容の詳細についてご紹介します。

デスクトップフローから別のデスクトップフローを実行

デスクトップフローから別のデスクトップフローを時刻することが可能となりました。これにより、1つの大きなデスクトップフローを作成せず、分割させることができます。

 リモートデスクトップまたはCitrix環境における画像モードへの自動切り替え

今までのリリースでは画像ベースのレコーダーがリリースされ、画像認識とOCRによるテキスト認識を基にタスクの自動化が可能となっていました。ただし、これには制約があり、要素毎の自動化はできませんでした。今回の新しい機能により、デスクトップフローは自動的にCitrix・リモートデスクトップ環境かを記録時に認識し、自動的に画像モードへ切り替えてくれるようになりました。

Windows に特化した新しい改善

今回のアップデートでいくつかWindowsとの連携が強化されました:

  • Windows の環境変数を自動的に取得することが可能となり、「Windowsの環境変数を設定する」と「Windowsの環境変数を削除する」が利用できるようになりました。

  • Windows のプロセスとサービスを自動的に取得してくれ、サービスを開始したり、サービスを停止したりすることができるようになりました。

MODI OCR エンジンのサポート終了予定のお知らせ

MODI OCR エンジンは2021年7月のリリースでサポート終了となります。詳細はこちらからご覧ください。